【作り置き可能】家庭で簡単にできるアイスコーヒーの作り方

コーヒー豆屋です。

家庭でも簡単に出来る、

  • 大量の氷を用意する必要がない
  • 急冷しても薄まらない
  • 作り置きできる

アイスコーヒーの作り方をご紹介します。

サーバーを保冷剤入りのナベで冷やす

実際の写真を見てもらうのが一番早いと思いますが、こんなやり方です。

アイスコーヒー抽出 家庭版

コーヒーの抽出液じたいには氷を入れずに、ひとまわり大きいナベに保冷剤を入れ、水を張り、そこにサーバーを浸して冷やしていきます。

図で表すとこんな感じ。

アイスコーヒーの冷やし方

保冷剤じゃなくて氷水で冷やしても良いのですが、氷は一度使ったら溶けてしまいます。
家庭で、毎回大量の氷を用意するのは面倒です。

何かの機会で手に入れた保冷剤をストックしておくと良いです。

通常通りのペーパードリップで

では、詳しい方法をご説明していきますが、基本的に普通のペーパードリップです。

冷水のなかに置いたサーバーに向けて、ドリップしてください。

空のサーバーを水の中に入れるとプカプカ浮いてしまうので、最初だけドリッパーごと手で押さえるようにしてください。

アイスコーヒー 保冷剤で冷却

抽出液が氷で薄まることはないので、普段より濃い目に淹れるとかは意識しなくて良いです。

多めに作る場合は、保存用のジャグにそのままドリップします。

アイスコーヒー 家庭で作り置き

大きいドリッパーを持っていない場合は、2~3回に分けて抽出すると良いです。

同じメーカーのドリッパーでも、大きさが違うと抽出の勝手が違うので、このために大きいドリッパーを買うよりは、使い慣れたものを使ったほうがいいです。

急冷は、あせらず

アイスコーヒーを美味しく作るには「急冷」が肝心、とはよく言われますが、あせり過ぎる必要もありません。

湯気が出るほどのアツアツの状態だと香りが飛ぶのも早いですが、「ほのかにあったかい」くらいの温度まで冷やせたら、あとはゆっくりでも大丈夫です。

本記事の方法で、1杯分なら1分くらい、菜箸などでゆっくりかき混ぜれば充分に冷やすことができます。

作り置き前提の1リットル程度の抽出液でしたら、冷え切るのに30分くらい掛かります。それで大丈夫です。

ときどき菜箸などでかき混ぜて、あとはフタをして、ゆっくり冷ましてください。

作り置きは、5日間程度

作り置きの分は、冷蔵庫に入れて保存してください。
5日間くらいは美味しく飲めます。

むしろ1日か2日くらい置いたもののほうが、まろやかな甘みが出てきて美味しかったりします。

「毎回急冷」では味わえないおいしさです。ぜひ試してみてください。

まとめ

以上、家庭向けのアイスコーヒー抽出法でした。

当店ではアイスコーヒー用のブレンドも売ってます。酸味抑えめで甘み重視です。

ぜひお試しください。

日本円決済

珈琲ねむりや on the BASE
自家焙煎スペシャルティコーヒー豆のネットショップです。手網と雪平鍋を使った「手焼き」で「じっくり弱火」にこだわって焙煎しています。事業性を追求するのなら、機械で短時間で焙煎するのが正解かもしれません。強い火力でやれば、最短7分程度で仕上げることが可能です。しかし、実は弱火でじっくり仕上げたほうが、コーヒーの味わいは豊か...

nem決済

Online Shop
Online Shop
自家焙煎のコーヒー豆ネットショップ。xem決済、lc:jpy決済に対応しています。
関連記事ユニット



広告