7,000円で買えるカメラ三脚 ZOMEI Q555 がコスパ抜群で一眼レフに最適

中華メーカーのカメラ三脚 ZOMEI Q555を買って使ってみたところ、なかなか良かったのでレビューします。

ZOMEI Q555のスペック

私のカメラは、レンズ含めて1.3kgくらいの一眼レフなので、その重さを支えられるくらいのスペックのものを探しておりました。

そこで、主要なメーカーの、ちょうど良さそうな製品群のスペックと価格を比較してみたのが次の表です。

三脚スペック比較表

同じようなスペックの三脚のなかでは、圧倒的に価格が安いです。(私が買ったときには5,500円だったのですが、けっこう変動があるようです)

で、安かろう悪かろうなのかと言うとそうではなく、実際に買って使用してみたところ、作りも良いし、使いやすく、非常に気に入りました。

ということで以下、購入の参考になるような詳細をレビューしていきます。

詳細レビュー

たたみ方、開き方

このようにたたんだ状態から

ZOMEI 三脚 Q555 たたんだ状態

脚を反対側に開き、

ZOMEI 三脚 Q555 開くところ

立てます。

ZOMEI 三脚 Q555 立てたところ

センターポールはエレベーター式になっていて、高さの微調整が出来ます。
エレベーターの下は、重り代わりに荷物をぶら下げられるフックになっています。

ZOMEI 三脚 Q555 センターポールで高さ調整

また、このセンターポールを逆さまに取り付けて、地面ギリギリにカメラを構えたり、真下に向けて固定することもできます。

ZOMEI 三脚 Q555 センターポール逆さ付け

脚の様子

脚は4段で、伸ばした脚の固定はレバー式。

もっとも細い4段目の脚を引き出した様子。直径は1.3センチほどあり、頼りなさは感じません。

ZOMEI 三脚 Q555 4段目の脚

付け根部分はこのような爪があり、3段階の角度で固定できます。

ZOMEI 三脚 Q555 足の付け根

脚の出し入れはスムーズで、自重でスコッと伸びます。
それに対して脚の付け根の可動部は油圧のようにネットリとした感触です。
どちらも安定性がありながら、ストレスのない使い心地です。

接地面は、ゆるやかに尖ったゴムになっています。
室内で使う場合には床を傷つけないので嬉しいし、屋外のデコボコにも強そうです。

ただし別売りのものに交換はできません。

ZOMEI 三脚 Q555 接地部

雲台

雲台は取り外し・交換可能でネジの径は3/8インチですが、台座のネジをひっくり返すと1/4インチになり、どちらの径にも対応できるようになっています。

自由雲台で、水準器付き。クイックシュー式。
ツマミ含めほぼ全てのパーツが金属製のため安っぽさは無く、ガタツキ・緩みもなく使いやすいです。

ZOMEI 三脚 Q555 付属の雲台

クイックシューのカメラへの取り付けパーツはこういうタイプ。ネジを手で回せるフックが付いてますが、ぜんぜん締まりきらないのでコインを使って締めましょう。
このパーツ自体も金属製で、しっかりとした剛性があります。

ZOMEI 三脚 Q555 クイックシューのカメラへの取り付け

ただしあくまでネジ1本での固定なので、この部分の固定が甘いです。これが唯一の欠点ですね。

通常の、カメラを横位置で構える使い方なら問題ないですが、縦位置でセットした場合、カメラ自体の重さでこのネジが回ってしまう場合があります。

ZOMEI 三脚 Q555 カメラ縦位置

縦位置が苦手

カメラとレンズ合わせて1kgを越えるくらいの重さになるとこの危険が出てくるので、それなりに重いカメラで縦構図をよく使う方は、出かける前にネジを締め直す習慣をつけるか、いっそ補助として両面テープを貼る等の対策をしたほうが良いです。

付属のケース・ポーチ

付属のバッグに収めた姿。
12cm × 10cm × 53cm くらいに収まります。

ZOMEI 三脚 Q555 付属ケース

雲台専用のポーチも付属してます。ビロードのような感触の、良い生地のポーチです。

ZOMEI 三脚 Q555 雲台用ポーチ

ZOMEIの他モデルとの比較

というワケで、ZOMEI Q555について説明してきましたが、購入前の最終検討として、同メーカーの他のモデルとも比較してみます。

皆さんの使い方や、手持ちのカメラに一番合うものを購入されますよう。

ZOMEI製の三脚比較表

Q699は携帯性を重視したモデル、Q111はコンデジやミラーレス向けですね。

以上、ZOMEI Q555 のご紹介でした。

今日も記事を読んで頂き、ありがとうございました!

当サイトでは、ブログに投げ銭し合えるサービス「nemlog」を利用しています

もし記事が役に立ちましたら、遠慮なく投げてやって下さい(❀╹◡╹)

公式サイト→https://nemlog.nem.social/
参考記事→投げ銭型ブログサービス「nemlog」について

関連記事ユニット



広告