手挽きミルならハリオのセラミックスリムミルがおすすめ

ハリオ セラミックミルのおすすめポイント

こんにちは。コーヒー豆屋です。

コーヒー豆を売っている身としては、やはりお客さんには豆の状態で買って、自宅で挽きたてを楽しんでもらいたいという思いが強いです。

しかしビギナーの方にとって「ミルを買う」というのはハードルが高い行為であるのも事実。

そこで今回は、約2,000円という安価ながら、使いやすくて美味しいコーヒーが挽けるミルをご紹介しようと思います。

ハリオ セラミックスリムミル MSS-1

それがこちら。ハリオのセラミックスリムミルです。

ハリオ セラミックスリムミル

大きさの比較に、ドリッパーと並べてみるとこんな感じ。

ハリオ セラミックスリムミル ドリッパーと比較

使わない時はハンドルを取り外して、フタに引っ掛けておけます。

ハリオ セラミックスリムミル ハンドル収納

刃は、ざらっとした感触のグレーのセラミックです。

ハリオ セラミックスリムミルの刃

一度に1~2杯分の豆が挽けます。
1杯分、約15gの豆を入れた様子がこちら。

ハリオ セラミックスリムミルに豆を入れた様子

ハリオ セラミックスリムミルのおすすめポイント

粒度がけっこう揃う

ハリオ セラミックスリムミルで挽いたコーヒー

粒はこんな感じです。高い電動ミルとくらべると「それなり」の揃い方ですが、十分美味しく飲める粒度の揃い方だと思います。

少なくとも挽いた豆を買ってくるよりは、このミルで挽きたてを飲んだ方が間違いなくおいしいです。

軽い力で挽ける

ハンドルにガタつきが無いためか、非常に軽い力でスムーズに挽けます。

だいたい1杯分を1分弱で挽けます。挽き終わった後、疲れを感じません。

粉が飛び散らない

粉受けの口が狭いので、ドリッパーに移す時に粉がこぼれることがありません。

ハリオ セラミックスリムミルの粉受け

私が持っている他のミルだと、粉受けが大きいため、ドリッパーに粉を移す際にこぼれてしまうことがあったので、これも地味ですが大事なポイントです。

粉受けが大きいと、ドリッパーに移す時にこぼれやすい

また本体と粉受け、本体とフタの接合部がしっかりしていて、ゆるみやガタツキが無いので、隙間から粉がこぼれるようなこともありません。

豆がスムーズに落ちる

ホッパーの角度がゆるいミルだと、豆がうまく落ちていかずに、叩いたり揺すったりする必要がありますが、このミルはまったくその必要がありません。

手入れが簡単

簡単に分解することが出来るので、掃除しにくい箇所がありません。

ハリオ セラミックスリムミル 分解

プラスチックとセラミックで出来ているので、それぞれのパーツを水洗いできます。
非常に清潔に使い続けられます。

また、中央のバネだけは、シャフトに出っ張りがあって簡単に取れないようになっています。
これにより分解した際に、不意にバネが飛び出して紛失してしまうことが防げます。
非常にユーザーフレンドリーでよく考えられた設計であり、感動しました。

ハリオ セラミックミルのいまいちポイント

挽き目の調節が面倒

これは、安い手挽きミル全てに共通することなので、ハリオだけの弱点ではありませんが。

ハリオ セラミックスリムミルの挽き目調節ツマミ

挽き目の調整は、臼部分の下にある三つ又のツマミを回すことでおこないます。
細引き/粗挽き のような目盛りが付いているわけではないので、若干面倒です。

しかし回すたびにカチカチという手応えがあるので、完全に目分量というわけではありません。

ツマミを取り付けて、約62回カチッと言うところまで回すと、ペーパードリップにちょうどいい中挽きになります。

デザインが必要最低限

これは好みの問題ですが、他社のレトロな製品と比べると、デザインがそっけなくて雰囲気には欠けます。

まとめ

ハリオのセラミックミルのおすすめポイントは

  • 粒度が揃う
  • 軽い力で挽ける
  • 粉が飛び散らない
  • 豆が落ちやすい
  • 手入れが簡単

価格は2,000円程度ですが、非常につくりが良く、気持ちよく使えるミルです。
おためし気分で買える価格ですが、そのまま長く使うことも出来るので、これからコーヒーを始める方にピッタリだと思います。

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥2,010 (2018/11/19 22:11:26時点 Amazon調べ-詳細)

今日も記事を読んで頂き、ありがとうございました!

当サイトでは、ブログに投げ銭し合えるサービス「nemlog」を利用しています

もし記事が役に立ちましたら、遠慮なく投げてやって下さい(❀╹◡╹)

公式サイト→https://nemlog.nem.social/
参考記事→投げ銭型ブログサービス「nemlog」について

関連記事ユニット



広告