コーヒードリッパーの素材は「プラスチック」がオススメ

コーヒーのドリッパー、陶器やガラスなど様々な種類のものがありますが、個人的にはプラスチックのものがオススメです。

本記事ではその理由を語ります。

プラスチックのドリッパーがオススメな理由

お湯の温度が下がりにくい

とくに冬場など、陶器やガラスのドリッパーは冷えます。ドリッパーに熱が奪われ、抽出後のコーヒーがぬるくなってしまいます。

ドリッパーによる湯温低下測定の様子

私が実験してみたところ、90度のお湯100ccを常温のドリッパーに通してカップに落とした場合の温度は

  • 陶器→77度
  • プラスチック→80度

となりました。
あらかじめドリッパーを温めておいた場合の結果は

  • 陶器→80度
  • プラスチック→80度

ということで、どちらも差がありません。(いずれの場合も、カップは温めた状態で実験しています)

小さな差かもしれませんが、陶器のドリッパーを温めずに使った場合のみ、他のケースよりコーヒーの温度が下がってしまう結果となりました。

お湯の落ちる様子が見える

透明なプラスチックのドリッパーは、粉全体にお湯がまわり、落ちていく様子が見えます。

プラスチックのドリッパーはお湯の落ちる様子が見える

蒸らしで注湯する量の目安になるほか、「ハリオは空気の抜け方が云々・・・」などと言ってマニアックに観察する楽しみもあります。

落としても壊れない

ガラスや陶器のドリッパーは、手が滑って壊してしまう危険があります。

1個数千円程度の値段のものもあるので、壊してしまうとダメージが大きいです。

安い

1~2杯用であれば、高いコーノでも1,500円程度。カリタならば300円くらいからあります。

このくらいの価格であれば、数種類買って飲み比べてみるのも比較的気軽にできます。

まとめ

プラスチックのドリッパーは

  • お湯の温度が下がらない
  • お湯の落ちる様子が見える
  • 落としても壊れない
  • 安い

という理由でオススメ。

今日も記事を読んで頂き、ありがとうございました!

当サイトでは、ブログに投げ銭し合えるサービス「nemlog」を利用しています

もし記事が役に立ちましたら、遠慮なく投げてやって下さい(❀╹◡╹)

公式サイト→https://nemlog.nem.social/
参考記事→投げ銭型ブログサービス「nemlog」について

関連記事ユニット



広告