【今週のキン肉マン】第263話 マ!

六鎗客の狙いがだいぶ明らかになってきましたね。

今週の、気になった点

ご先祖様のターバン

六鎗客の登場時の衣装もそうでしたが、オメガ一族のご先祖様って、みんなターバンみたいなのを被ってます。

ウクライナやルーマニアに拠点があったことと合わせて考えると、なんとなくアラブとかトルコ系の人たちっていうモチーフなんでしょうか?

マ!

久しぶりに見たシングマンさんのおもしろい掛け声。

本来「マ!」はシングデモリッションウェーブを使う時の掛け声で、本当ならここは「ギラッ!」とかだと思うんですが。

「マ!」の方が面白いし印象に残るだろうという判断でこうなったのか、あるいはゆで先生はもう「ギラギラ」という彼の口癖を忘れているのか・・・

こうして見るとやはり始祖たちの強さは圧巻ですね。

なかでもジャスティスマンが一番シンプルにエゲツない。

アロガント・スパークを食らっている人は、首が後を向いちゃってます。

サイコマンやスグルが食らった際にはここまでにはなっていませんでした。
シルバーマンが首を逆向きに極めているわけではないので、この辺はやられる側の頑丈さによって差が出る箇所なんでしょうかね。

ゴールドマンの断頭台の入り方は、よく分からないです。
ダブルアームの段階で、2人まとめて抱えてるんでしょうか?

後日、研究所を破壊しに来たメンツはアビスマン、ガンマン、サイコマン。意外な組み合わせです。

サイコマンから見るとガンマンもアビスマンもからかい甲斐があって面白いんでしょうけど、2人はそれにマジで腹を立てるタイプ。

ガンマンとアビスマンも似た者同士のようですが、かえってそこがぶつかり合いそう。
この3人で仲良く団体行動できる図が想像できません。

宇宙船

この船も、よく見ると変じゃないですか?

ガレー船なんだけど、屋形船みたいな屋根もついてます。

電撃予想:彼らの求める力とは?

オメガの民が抱え込んだ厄介事というのが、「星の寿命」だということは分かりました。

私も以前の記事でそんな予想をしたことがありましたね。

【今週のキン肉マン】第240話 ディクシアは産業スパイだった
【今週のキン肉マン】第240話 ディクシアは産業スパイだった
こんにちは。 なんだか謎が深まるばかりの回でしたね。 今週の、気になった点 フェニックスの側頭部 フェニックスのマスクのデザイン、横から見るとちょっと変わってますね。 昔は首元からアイスラッガーの方へと伸びるデザインでした。 ...

当てずっぽうではありましたが、今読んでもけっこういい線いってるような気がします。

もう一度書いておくと

サグラダ・ファミリアの研究所を狙った目的は、石臼の技術を手に入れること。

石臼は、地球のマグネットパワーから超人の生命を生成する装置ですが、これを逆に使えば、超人の命を星に送り込むことも出来そうです。

彼らは、オメガ星に超人墓場を作り、亡霊超人の労働力で石臼を逆に回すことによって、星に生命エネルギーを供給しようとしているのです。

ディクシアがフェニックスチームに潜り込んでいたのは、プリズマンとサタンクロスを仲間に引き入れるためです。

火事場のクソ力またはマグネットパワーを使ってプリズマンの超人強度にブーストを掛ければ、擬似的なカピラリア大災害を発生させることができます。

これによって地上の超人を大量虐殺し、オメガ星の超人墓場の労働力にしようと考えているのです。

このとき、六鎗客も一緒に地上にいては巻き添えになってしまいますので、違う次元に避難しなければなりません。

そのため魔界出身のサタンクロスと仲良くなっておき、魔界に避難スペースを確保してもらっているのです。

と、以前の記事ではこんな予想をしていました。

まあこんな大掛かりじゃなくとも、火事場のクソ力を習得して、その力を星に送り返すくらいのことを考えてるのかもしれませんが。

今日も記事を読んで頂き、ありがとうございました!

当サイトでは、ブログに投げ銭し合えるサービス「nemlog」を利用しています

もし記事が役に立ちましたら、遠慮なく投げてやって下さい(❀╹◡╹)

公式サイト→https://nemlog.nem.social/
参考記事→投げ銭型ブログサービス「nemlog」について

関連記事ユニット



広告