民泊Wi-fi最安値 SPACE Wi-fi を半年使った感想

2018年2月後半に民泊Wi-fiであるSPACE Wi-fi を申し込み、約半年使いました。
その使用感をまとめます。

非常にシンプルな料金体系で業界最安値、手数料等も一切なし。

一言で言うと「格安」の部類だと思いますが、特段大きな問題は無く快適に使えているという印象です。

契約内容

月額:3,758円(税込)
通信量:無制限(但し1日に1GB以上の通信をした場合、速度制限が掛かる)
最低利用期間:1ヶ月。それ以降はいつでも解約でき、違約金や手数料も無し。

我が家は東京都内ですが、申込みをした翌々日くらいに端末が届き、使えるようになりました。
以下のどちらかの端末が送られてきますが、選ぶことは出来ません。

端末によって回線と、速度制限の条件が違っており

  • WiMAX→3日間で10GBを超えた場合、翌日夜の一部時間帯で制限。
  • Softbank→1日で3GBを超えた場合、当日中制限。

となっています。

我が家に届いたのはSoftbankの方だったので、1日3GBで制限。

補足すると、制限が掛かるとまる1日遅くなっちゃうわけじゃなくて、あくまで当日中です。例えば夜の22時に3GBを超えてしまった場合、22時〜24時の間、速度制限が掛かります。
制限に掛かっちゃうと、もう使い物にならないスピードになります。

良い点

プランがシンプル、2年縛りが無い

選んだ理由はこれに尽きます。

もう、安い高いの問題じゃなくて、固定回線や携帯大手キャリアの摩訶不思議な料金プランなんて見る気が起きないわけです(笑)

月額実質とか、初期手数料とか、3ヶ月目以降は〇〇円になりますとか、違約金とか、複雑怪奇すぎて理解不能なのです。

SPACE Wifi の料金プランは1秒で理解できます

これだけ。素晴らしいですよね。

メールが来ない

新しいサービスを契約すると、定期的に興味のないお知らせメールが来るようになるものですが、SPACE Wifi の場合、まったく来ません。

半年使って、1通しかメール来てません。「申込みが完了しました」というメールです。

月々の使用料引き落としの連絡すら来ません。
私はひょっとして料金を払ってないんじゃないかと不安になるくらいです(笑)

悪い点

大きなデータをダウンロードしようとすると、途中で切れる

数百MBのデータをダウンロードしようとすると、途中で通信が切れます。

動画や音楽をストリーミングじゃなくてローカルにダウンロードする人とか、ブログのバックアップをダウンロードしたい人にはお勧め出来ません。

私はだいたい月イチ程度でそういう用途があるので、そのときはWifiが使えるカフェに行ってます。

バッテリーがヘタった端末が来た?

端末はあくまでレンタルですので、誰かが使ったあとのが来ます。

私が使ってる端末は、外に出ると2時間くらいしかバッテリーが保たなくなっちゃいました。このへんは当たり外れがあるかもしれません。

自分でバッテリー入れ替えて使っちゃおうかとも思いましたが、純正のバッテリーが国内のショップでは売ってないみたいです。これは端末作ってるHuaweiが悪いんですけど。

まとめ

  • 1日3GB以上使う人
  • 数百MBのデータをダウンロードしたい人

にはお勧めできませんが、そうでなければ使うべきです。

関連記事ユニット



広告