ProximaX公式動画の和訳

こんにちは。NEMberです。

ProximaX、気になるプロジェクトですよね。
元NEM財団代表のロン氏も参加していて、なんか気合入っていて凄そうなやつです。

しかし正直言って壮大過ぎていまひとつピンと来ていません。
そこでざっくり理解するために、まずは公式の動画を和訳してみました。

こちらがその動画です。

原文

The Internet, a vast framework of interconnected applications networked systems and mobile devices that has become an essential part of our daily lives.

It’s a primary means by which we all communicate, learn, work, shop, create,share, play and manage our finances.
The very foundation of this technology invented over a quarter century ago is in jeopardy.
It suffers from vulnerabilities in scale, security and privacy, and is increasingly prone to fraud.

Together, these threats will eventually disrupt the technology we become so reliant upon.
Business is built on centralized computing struggle to keep pace with ever-increasing scale of use which tries up costs and further limits accessibility to the developing world.

Blockchain technology, the underlying innovation promised more robust, decentralized and distributed networks.
Thus eliminating costly intermediaries.
However early versions of blockchain proved too complex insecure
and unscalable to bridge the gap between theoretical and real-world utility.

Welcome to the next generation of blockchain with an innovative solution to these problems.
Introducing Proximax, building on today’s best breed of
blockchain and off chain peering protocols.

ProximaX combines four primary technology layers.

The first layer is the powerful NEM blockchain recognized as one of the industry’s top 20 crypto currencies. NEM’s latest version “Catapult” combines lightweight API driven smart assets with world-class scalability, security and speed.

The second layer is a peer-to-peer decentralized storage layer built with
IPFS technology. This layer provides a critical ingredient to host documents and objects to serve on demand virtual assets and material proof.

The third layer is a peer-to-peer multimedia streaming and messaging delivery network built by Peer Stream Inc, an established developer of distributed large-scale social video and communication technology and applications. This provides ProximaX with a unique and secured real-time delivery of streaming media supporting millions of simultaneous interactions.

And finally, the fourth layer is an advanced consensus and reward algorithm to maintain the integrity and growth economy of ProximaX.
Consensus is delivered by proof of importance proof of bandwidth and proof of storage.

ProximaX provides a rich all-in-one platform for cross industry applications and decentralized app development limited only by the imagination.

和訳

見やすくするため、適宜見出しを挿入してます。(訳者)

こんにちのインターネット

インターネット (相互に接続されたアプリケーションネットワークシステムやモバイル端末からなる、巨大なフレームワーク)は、今や私たちの日々の暮らしに欠かせないものです。

私たちは、コミュニケーション、学習、仕事、買物、創造、共有、遊び、さらには財産管理のために、インターネットを使っています。
しかし、25年以上前に発明されたこの技術は根本的に、以下の危険を孕んでいます。

  • スケール面での脆弱性(訳者注:DoS攻撃的なものを指す?)
  • セキュリティ
  • プライバシー
  • 詐欺の増加

結局これらの脅威が組み合わさって、私達の命綱であるインターネットは、混乱させられるのです。

又、たいていのビジネスは、集中型のコンピューティングシステムの上に成り立っています。
こういったシステムは、増え続けるアクセスに対応するため、コストを掛けて、アクセシビリティを引き上げようと必死です。

ブロックチェーンの登場

ところが、これを根底から覆すイノベーションである「ブロックチェーン技術」により、

  • より堅牢で
  • 分権的で
  • 分散型の

ネットワークを作ることが可能になりました。
これによって、コストの掛かるネットワーク仲介者を省くことが出来るようになります。

しかし、初期のバージョンのブロックチェーンは、ややこしい割にあまり安全ではなく、またスケーラビリティも低く、実用には壁がありました。

次世代のブロックチェーン:ProximaX

では、これらの問題を革命的に解消した、次世代のブロックチェーンをご紹介しましょう。
ProximaX。これはブロックチェーンとオフチェーンピアリングプロトコルの、現時点で最高の技術を集めて作られています。

ProximaXは主に4つのレイヤーで構成されています。

第1レイヤー

第1のレイヤーは、パワフルなNEMブロックチェーンです(NEMは業界でトップ20に入る通貨のひとつ)。NEMの最新バージョン「カタパルト」では、

  • 軽量APIで扱うスマートアセット
  • 世界レベルのスケーラビリティ、セキュリティ、およびスピード

が実現されます。

第2レイヤー

第2のレイヤーは、IPFSで構成されたP2Pの分散ストレージ層です。
このレイヤーは、ドキュメントとオブジェクトをホストするための重要な要素を提供し、オンデマンドに仮想アセットとマテリアルプルーフを提供します。(訳者注:このへんの分野弱いんで若干わけわかめです。マテリアルプルーフって何ですか?)

第3レイヤー

第3のレイヤーは、P2Pのマルチメディアストリーミングとメッセージネットワークです。この層はピアストリーム社(分散型でスケーラブルなビデオ、通信、アプリケーションを提供している会社)が作っています。(訳者注:ピアストリーム社のリンク→peerstream.com/
これにより、ProximaXではユニークで安全なリアルタイムストリーミングが可能になります(何百万もの同時双方向アクセスにも対応)。

第4レイヤー

最後に、第4のレイヤーは、ProximaXの整合性と成長を維持する、進化したコンセンサスと報酬のアルゴリズムです。
コンセンサスは以下の手段で形成されます。

  • Proof of Importance(重要度)
  • Proof of Bandwidth(帯域の提供)
  • Proof of Storage (ストレージの提供)

おわりに

ProximaXは、産業の垣根を超えるアプリケーションや、分散型アプリケーションの開発にもってこいの、オールインワンプラットフォームです。
想像力さえあれば、出来ないことはありません。

まとめ

以上、公式動画の和訳でした。
ざっくり全体像を把握するのにはちょうど良かったかと思います。

ProximaXは、壮大なプロジェクトの割に和訳情報が少なくて全貌を理解しにくいところがあります。
私も気になった所をちょっとずつ日本語情報にしていきたいと思っていますが、英語に堪能なNEMberの皆さん、一緒にやっていきましょう!

関連記事ユニット



広告