【今週のキン肉マン】第246話 背中が煤けてるぜ

こんにちは。

ヘイルマンの優勢が続いていますが、どうもマリポーサが勝つのが前提みたいな雰囲気が漂っているのは何なんでしょうかね。

今週の、気になった点

スー・・・

あのアイスウォールプリズンからマリポーサどうやって脱出するのかなと、けっこう色々考えてたんですよ。

密室なので酸素が絶たれて火は消えてしまうだろうし、そんな酸素の薄いなかで激しい運動をするのは危険。
あるいはあの氷牢がドライアイス的な成分だった場合、内側から溶かしていくと二酸化炭素中毒の恐れもあります。

そんなことを前回の記事でもなんやかんやと妄想しました。

【今週のキン肉マン】第245話 狙いどおりーっ!
【今週のキン肉マン】第245話 狙いどおりーっ!
こんにちは。 依然としてマリポーサが優勢ですね。 今週の、気になった点 ハングリー精神 今話あたまのアオリに「炎のハングリー精神」の文字が。 これも懐かしいワードですよね。 恵まれた環境で育ってきたロビンが、盗人...

考えれば考えるほど、このアイスウォールプリズンという技は二重三重のトラップになっています。計算ずくなのかはたまた偶然か、いずれにせよヘイルマンは非常にうまい切り返しをしたものです。
おそらく自分は息を整える一方で、ジワジワとマリポーサの消耗を待つような展開に持っていくのかと予想していたのですが・・・

なんかスー・・・って、何事もなく氷室が消えちゃった件。

悠長なヘイルマン

倒れた相手に速やかにトドメを刺さず、足蹴にしながらおしゃべりに興じるこの構図。

なんか見覚えがあると思ったらティーパックマン戦でもやってました。

生来Sっ気が強い性格なのか、こういうのが好きなんでしょうね。

ティーパックマン戦では完全に舐めプ、強者の余裕という感じでしたが、細かい所を見るといちおう今回はスケートの刃が出しっぱなしになっていて、頭を踏んづけるのではなく胸の傷をえぐりに行ってますね。

ドラキュラ公とオメガの民は無関係?

ヘイルマンのこの口ぶりからすると、オメガの民と、元ブラン城主であるドラキュラ公ことブラド3世との間に、特に関係は無いようです。

今回の戦いの舞台となっている世界五名城を見てみると、安土城の織田信長やデルモンテ城のフェデリーコ2世なんかはオーパーツ的な先見性を持った人物であり、オメガの民との関係性を予感させましたが、そういうのは特に無いんでしょうかね?

それにしても、このブラド3世の背景のイメージ画像や「串刺し」っていうワードを見ると、どうしてもルナイトの死に様が脳裏に浮かんじゃうんですが、

ヘイルマンの脳ミソは、そういうのカスリもしないんですね。
爽やかな気持ちだそうです。

まあ、こういうネガティブ方面への思考回路が繋がらない人物のほうが、ストレスの無い幸せな人生を送れるのかもしれませんが(笑)
しかしこういう局面で死んだ仲間の顔が浮かぶっていうのが、火事場のクソ力発動には重要な要件だと思うんですよ。

ルナイトは「オメガの民でも火事場のクソ力を使うことは可能」ということを示しはしましたが、しかしオメガの民のなかでも、適性のある者と無い者がいるのかもしれません。

生真面目で使命感の強いルナイトなんかは、たぶんトップクラスに適性の強い人物だったんじゃないでしょうか。
同様に生真面目なところのあるパイレートマンやマリキータマンもクソ力が似合いそうな感じはします。

しかしこのヘイルマンに関しては、それがまったくと言って良いくらいイメージできないんですよね。
飄々として無邪気というか、天性の冷酷さというか、

ラーメンマンは火事場のクソ力の根源を「人の痛みが分かること」だと言っていますが、

ヘイルマンは性格が悪いというわけじゃないんだけど、その「人の痛みへの共感」というのが根本的に欠落しているように見えるんですよね。

何が起こっているの?

ヘイルマンの背中から、光が一点に集まってジリジリ言ってますね。

マリポーサが太陽を見て閃いたような顔をしていたところから考えても、おそらくはヘイルマンの氷の体を凸レンズの代わりとした収れん発火なのでしょうけど・・・

  • ヘイルマンの胸は凸レンズどころかベコベコに窪んでるけど・・・
  • 胸はたしかに氷がむき出しだけど、背中は服に覆われてる・・・
  • 仮に背中の服が無かったとしても、ヘイルマンの体は光を通すの? 内臓とか透けてるの?

と、現時点でかなりのツッコミどころが存在しています。

また、マリポーサの頭と両足が凍った状態で、今さら背中だけ燃えてもしょうがないんじゃないかという気もしますが、そのへんは「炎をあやつる術」ということで、上手にやるんでしょうかね。

と言うか、火がつきそうになってるのってマリポーサの背中でいいんでしょうか?

なんか微妙にズレてて、背後のキャンバスに照射されているようにも見えます。

マリポーサの必殺技である偽リベンジャーに繋げるためには、「カチコチに凍ったリングに光を照射して穴を開ける」っていう方法もアリな気がしますね。

その場合、マリポーサが凍結鎌固めから脱出する術がなくなっちゃいますけど。

ちなみに本当に氷のレンズで火を起こす動画がありました。

まとめ

次回あたりで決着でしょうかね。

でも偽リベンジャーっていまいち、決め技としては盛り上がんないんだよなぁ。



広告
レクタングル大広告




レクタングル大広告




広告
レクタングル大広告