【今週のキン肉マンレビュー】第217話 スペイン茶会事件!!

こんにちは。
今週のティーパックマンのコーナーです(笑)。

今回は一転、劣勢に追い込まれてしまった彼ですが、まだ元気に生きています。

今週のあらすじ

ヘイルマンを宙高く蹴り上げたティーパックマン。
続いて頭のお茶を凍らせてリング状にジャンプ台を作り、ティーバッグに乗ってサーフィンの要領でジャンプ。見事、ヘイルマンにティーバッグウィップを命中させます。

そこからヘイルマンの首に紐を巻きつけ、新技「死のティータイム」へと移行します。
しかしその技にはまさかの弱点が。

その弱点とは「ティーパックマンの基礎腕力の無さ」
何の工夫もなく力ずくで技を返したヘイルマン。遂に「ヘイルブレス」でティーパックマンのティーバッグを凍らせ、破壊します。

今週の、気になった点

ティーパックマンの超人強度

単純に「腕力の弱さ」を突き、死のティータイムから脱出したヘイルマン。こんなことを言います。

いや、さすがに30万以下というのは言い過ぎでしょう、と思った私、調べてみて驚愕しました。

ティーパックマンの超人強度は25万パワー。

ヘイルマンの見立てはドンピシャだった訳です。

ちなみに正義の5本槍の他の面々の超人強度も調べてみると

カナディアンマン:100万パワー
ウルフマン:80万パワー
カレクック:60万パワー
ベンキマン:40万パワー

なるほどティーパックマンが最下位なのはまあ予想通りですが、カレクック、ベンキマンの2人も相当頼りない数字です。
やはり、元々がネタ枠の悲しさか。

まあ、とは言え、まだまだ悲観するには及びません。

この作品の超人強度がアテにならないのは皆さんご承知の通り。うまいことかみ合えば超人強度どころの騒ぎじゃない、人間が悪魔騎士に勝っちゃったりしますからね。

ましてや今回のカードは「砂は音に弱い」どころじゃない、「氷は熱湯に弱い」という、はるかに分かりやすい突破口がありあすからね。いくらでも逆転の手はあります。というか、早くヘイルマンに熱湯ぶっかけろ。

ティーパックマンの平衡感覚

彼の頭の紅茶はどうなっているの? というのもファンが気になってしょうがない謎ではありますが、この言いぶりからすると、ヘタするとこぼれてしまうようですね。

その割には


宙返りしても


ダウンしても

ブリッジしてもこぼれませんけどね。

そもそも、頭の紅茶がこぼれてしまうと何がまずいんでしょう? 死ぬの?

ありったけの紅茶をヘイルマンにぶっかけて溶かしてしまうが、ティーパックマンも死亡して引き分け、なんて結末もあり得るんでしょうか。

ティーバッグ表記問題

ティーパックマンのまさかの再登場以来、ネット上ではこのような指摘がたびたびなされて来ました。
「アレは正しくはティー”バッグ”だ」と。

私はこの間違い自体に関しては、どうこう言うつもりはありません。
私自身、今までちゃんと理解していなかったですし、今回のティーパックマンの再登場が無ければ、一生曖昧なままで生きていったことでしょう。

そもそも彼の名前が「ティーパックマン」になったのは、ゆで先生の単なる勘違いなのか、それとも投稿者の方が「パック」と表記されていたのでそれを尊重したのか、それももう分かりません。

ただ、ゆで先生としてはティーパックマンを登場させるたびに、悩まれてはいたんじゃないかと想像します。
しれっと、ティーバッグマンに変えちゃおっかな?」と。

この問題に今回、さりげなく落とし所が示されました。
それがこちら。

いやいや、先週は「ティーパックウィップ」って言ってたじゃない。

ともあれ、今回の地味な技名変更により、表記の方針が定まったようです。

彼は「ティーパックマン」
あの道具は「ティーバッグ」
この技は「ティーバッグウィップ」

「スペイン茶会事件」

今週のタイトルは「スペイン茶会事件」。非常にセンスの良いタイトルだと思います。

元ネタは「ボストン茶会事件」だと思いますが、ではこのボストン茶会事件とは、どういったものだったのでしょう。復習してみましょう。

18世紀、まだアメリカはまだイギリスの植民地でした。
フランスとの長い戦争で大きな負債を抱えたイギリスは、アメリカで販売される紅茶に課税することを決めます。

これに対してアメリカは「代表なくして課税なし」の考え方で反発。
つまり、自分たちアメリカからの代表が出ていない議会で決まった課税法になど従う必要はない、という言い分ですね。

結局アメリカ人はイギリス本国からお茶を買わず、オランダなど他国からの密輸が拡大します。

困ったイギリスは次の一手。当時大量の紅茶の在庫を持っていた東インド会社に、アメリカでの茶の専売を認める一方で、アメリカがイギリス本国以外から紅茶を輸入するのを禁じます。
これによってアメリカ人は、オランダから密輸するよりも安価に紅茶を手に入れることができる。イギリスは税収を得ることができる。一見、名案のようにも見えたのですが、アメリカ側はこれに対し

・これを認めると、イギリスの徴税権を認めることになってしまう。
・どこと貿易するのかまで、いちいちイギリス本国から口出しされるのはおかしい。

という理由でやはり反発。次第に対立は深まります。

で、東インド会社の貿易船が、紅茶を積んでボストンの港にやって来ますが、港では陸揚げをさせてくれないので立ち往生。

ある日の夜になって、船に忍び込んだアメリカ人が、積荷の紅茶を海に投げ捨ててしまいます。
このときの掛け声が「ボストン港をティーポットにするぞ!」だったとか、当局の調べに対して住人が「港でお茶会を開いただけですよ」とふざけて返したとか、諸説ありますがこれが「茶会事件」と呼ばれるに至った由来だそうで。

このへんからいよいよ本国からの自主独立を守ろうという機運が高まり、独立運動へと発展していくということらしいです。

いやあ、私も高校では日本史を選択し、大学では日本思想史をやっていたのでこの辺は全然知らなかったのですが、調べてみると面白いですね。

やっぱりキン肉マンを読むと勉強になるわ。

電撃予想:今後の展開

さあ、頼みのティーバッグを破壊されてしまったティーパックマンですが、ここからの反撃はあるのでしょうか?

私の予想としましては、「まだ反撃します」
その根拠は、次の2点。

今週の終わり方

ティーパックマンが負けるパターンであれば、ここで既に胸を貫かれていると思うんですよ。
で、来週は虫の息でカレクックあたりと思い出を語り「あとは頼んだ・・・」か何か言って事切れると。

ヘイルマンがまだ何もしてない

実はヘイルマン、まだ大したことしてないんですよね。スケートしながら切り裂いてくるくらいで。
死のティータイムからの脱出にしても、ヘイルマン自身の技術や工夫によるものじゃなくて単純にティーパックマンの力が弱いところに原因があったわけだし。

ヘイルマン自身の凄みを感じさせる場面が今のところ皆無で、だからここでアッサリ終わりとはならずに、もうちょっと長引くんじゃないかなと思います。

反撃のパターンは?

スクリュードライバー返しからの熱攻撃

ティーバッグがなくなってしまった以上、ティーパックマンの個性を裏付ける要素は「ウォーズマンへの敗戦」くらいしか残っていません。

ということは、彼がウォーズマンと再戦するときのために密かに磨いていた技術が、来週は炸裂することでしょう。

すなわち、スクリュードライバーばりに胸を貫きに来たヘイルマンを受け止め、跳ね返し、返す刀で再度、死のティータイムにとります。まだヒモさえ残っていればあの技は出来ますから。

で、ふたたび単純に力で返そうとするヘイルマンですが、何故だか力が入りません。身体中の組織がふやけてしまっています。

これはどうした事かと思って見れば、ティーパックマンが異常に発熱し、辺りは高温の蒸気で覆われています。

これこそがティーパックマンの秘策。もともとは熱に弱いウォーズマン攻略のための技でしたが、頭の紅茶を滾らせる事によって、熱と湿気で相手の身体機能を奪おうという寸法。

湿って摩擦が強くなったヒモは、まったく外れません。ヘイルマン失神により試合終了。

ティーパックマン◯(死のティータイム)×ヘイルマン

まとめ

なんだかティーパックマンの勝ちパターンを考えるのも苦しくなってきました。
正直、来週は抵抗出来なくなったところをヘイルマンの必殺技でゆっくり料理されておしまいだと思う。

そんじゃね。



広告
レクタングル大広告




レクタングル大広告




広告
レクタングル大広告