WindowsではなくMacを使う、たった2つの理由

こんにちは。
Macbook Airを愛用しているけど、スタバには行かない者です。
スタバ混んでるんだもん。

さて、私が使っているのは
Macbook Airの11インチ、2015年モデルです。
2年くらい使っていますが実に快適で、もっと早くMacに乗り換えればよかったと思っています。

Windowsパソコンと比較して、Macの何が優れているのか。

トラックパッド? OSのアップグレード? 起動の速さ?

いろいろありますけど、決定的なポイントは、たった2つです。
冗談みたいな箇所なんですが、快適さがすこぶる違うんです。
この2点の他は、まあ瑣末というか、どっちでもいいようなものです。

Macの優れている点

画面がふらふらしない

ノートパソコンを開いて、画面を自分の好きな角度に固定する。

Macbookはこれが、ビシッと決まります。

当たり前のようなことですが、ここがきちっと決まるノートパソコンって、なかなか無いんですよ。
たいていは手を離した拍子にふらりと後ろにズレたり、常に遊びがあって振動でふわふわ揺れたり、じょじょに倒れていったりしてしまうんです。

特に最近のWindowsはタッチ操作に対応しているぶん画面が重い、頭でっかちみたいなノートが多いので、座りの悪い端末がどんどん増えています。

ノートを開く操作って、必ずやること、毎日やることなので、
ここでストレスが有るか無いかは大きな違いです。

英数/かな の切り替えがスマート

Macは、スペースキーの左右にそれぞれ「英数」「かな」と書かれたキーがあります。

英数入力/かな入力を切り替える場合には、切り替えたい方のキーを押せばOK。

Windowsの場合にはこの機能のキーが、スペースキーの右側の「半角/全角」キーしかないですよね。

現在半角英数入力になっているときにこのキーを押せば全角かな入力に切り替わり

現在全角かな入力のときにこのキーを押せば半角英数入力に切り替わりますよね。

じゃあ現在どっちの入力モードだったか忘れてしまったら?

そう、一か八かですよね。

まあタスクバーの「あ」とか表示が出るところを確認すればいいんですけど、そんなところをいちいち見るくらいなら適当なキーを押した方が早いし。

Macならば現在の入力方式は関係なく、これから自分がやりたい入力方法のキーをとりあえず押せばいいんです。一か八かをやる必要がないんです。

これ、ものすごく快適ですよ。

まとめ

以上、私が強く感じているMacの利点2つでした。

要するに、Macは快適なのです。



広告
レクタングル大広告




レクタングル大広告




広告
レクタングル大広告