【コーヒー&シガレッツ】本当にコーヒーとタバコは合うのか? 非喫煙者が検証してみた。

こんにちは。
ジム・ジャームッシュ監督の『コーヒー&シガレッツ』を
たまに見ようとするのですが、必ず途中で寝てしまう者です。

コーヒーとタバコは合うのか?

同映画のなかで、しきりに「コーヒーにはタバコだよね」
みたいなことが主張されます。

私はタバコは吸わないんですが、コーヒーは大好きです。

もしかしたら、タバコを吸ったら、
今までよりもはるかに美味しくコーヒーが飲めるんでしょうか?

気になります。

そこで、トライしてみることにしました。

まず断っておくと、

タバコに対する私のスタンス

私は、自分ではタバコは吸いませんが、それほど苦手でもありません。
近くで吸われるのは全然OKです。

ただ、「喫煙者って大変だよな」と同情はしています。

タバコを吸える場所って、どんどん減っているので
一生懸命探さなきゃなりません。
また、会議中など、吸いたいのに我慢しなきゃならないタイミングもあるでしょう。

私が成人した頃には、すでに喫煙者の肩身は
どんどん狭くなりつつあったので、
今からタバコを吸い始めたら、余計な苦労を背負いこむことになる、
と思ったので、私はあえて吸おうとは思わなかった。
そんな程度の距離感です。

検証の方法

それでは検証に移ります。

とは言っても、タバコを吸いながらコーヒーを飲むという、
ただそれだけです。

タバコはこのためにコンビニで買ってきました。

銘柄の選び方とか全然分からなかったので適当です。
「HOPE」ってやつにしました。
箱がコンパクトなところが粋だと思います。

コーヒーは私自慢の自家焙煎、
タンザニアのンゴロンゴロ産の豆をシティローストで、
ハンドドリップで淹れました。

検証結果

タバコを吸うと、コーヒーは美味しくなるのか?


美味しくなりませんでした。

もったいぶった割に、まあ予想通りの結果です。

私がタバコを吸い慣れていないのがいちばんの敗因のような気はしますが、
タバコをひとくち吸った途端に

鼻の中が痺れ、
喉がチリチリと痛み、
舌の周辺にネットリと渋みがまとわりつきました。

コーヒーのアロマはまるでノイズキャンセリングのように
感じられなくなりました。

酸味や甘みがまるで感じられず、
苦味だけは妙に後に残りました。

コーヒーを飲むと、タバコは美味しくなるのか?

これに関しては、判定不能です。

吸い慣れない口にはタバコの刺激は強すぎて、
コーヒーが有ろうが無かろうが、あまり関係ないような塩梅でした。

それにしてもタバコって、放っておいたら
勝手に燃えて無くなっちゃうじゃないですか。

なんだかそれがもったいなくて気になって、
どうもゆっくりコーヒーを味わう気分になれませんでした。
そういう意味でも相性は良くないような気がしたのですが、
喫煙者の方はこのへんの感覚どうなんでしょうね。

結論

タバコを吸ってもコーヒーは美味しくならない。

コーヒーを飲むとタバコが美味しくなるかは、よく分からない。

まあおおかた予想はしていましたが、こんな結果です。

今後気が向いたら、コーヒーやタバコの銘柄を変えるとか、
カフェオレにしてみるとか、
条件を変えて検証してみようと思います。

それでは。

関連記事ユニット



広告