【都議選】公明党支持者の皆さん、その選挙運動、逆効果かもよ?

こんにちは。

都議選、やってますね。

謎の活動をする人たちが

私の勤務している喫茶店で、1ヶ月前くらいから
こんなお客さんたちが増えています。

2〜3人くらいで入店。
1〜2時間くらいおしゃべり。
退店時、会計後に
「◯◯区にお住まいですか?
違う? 他の店員さんはどこにお住まい?
こんど◯◯っていう候補者が出ますので、
よろしくお願いしますね」
と言って帰っていく。

公明党の支持者の方々でした

政治に関心持って熱心にやってる人もいるんだなーと感心しました。
一般の人がこんなに動くなんて、どこの支持者なんだろうと思いました。

さすがに何度も聞かされて候補者の名前も覚えちゃったので、
調べてみると、公明党の候補者の方でした。

あーそういうことか、と納得しました。

ところでその活動、意味あるの?

「よろしくお願いします」
と言われても、正直何も響きませんから。

かといって政策の話をコマゴマと始められても嫌ですけど。

美人が色仕掛けしてくれるとか、何か無いんですかね。

「よろしく」だけじゃ、工夫がなさすぎると思います。

喫茶店の店員に声かける意味あるの?

1時間も店の中にいて、
店員1人にアピールして、って効率悪く無いですか?

おもてに立って歩いてくる人に声掛けたほうが
よっぽど効率がいいと思います。

遠くから来る意味あるの?

たまに
「大阪から来て回ってるんですよ」とか
「名古屋から来たんですよ」
とか言う方がいらっしゃいますけど、
それ意味あるのか? と思います。

遠くからわざわざ来て、
東京にもともといる人たちと同じ活動してもしょうがないと思うんですが。

そりゃ公明党の党首とか、
池田大作先生とかが遠くからわざわざ来たら
「オオッ」と感じるかもしれませんが、

普通の人が遠くから来たところで「フーン」ですよ。

一説によれば、
苦労して遠くから来ることで功徳が積める
という面もあるらしいですが、

それだったらもうちょっと僻地の山奥まで
お遍路さんの格好して歩いて行くとかやったらどうでしょうか?

新幹線で来て街中でコーヒー飲んでだべって
功徳も何も無いもんだと思います。

少なくとも23区内は手が足りてると思うので、
ぜひ僻地に足を伸ばしてもらいたいですね。

逆効果だと思うけど

こういった活動に対して、喫茶店の店員が率直に感じるところは
「迷惑」です。
特に忙しいタイミングで話を始められると困ります。

他のお客さんから見たら
「こっちは待ってるのに、なにどうでもいいオシャベリしてるんだよ」
と思うじゃないですか。

正直、かなり印象悪いですよ。

確かに、私の選挙区から出る候補者の名前は覚えました。

覚えましたけど、それと投票するかはまったく別問題。

というか、「コイツにだけは絶対投票しない」
と思ってます。

まとめ

喫茶店での選挙活動は、逆効果なのでやめてください。



広告
レクタングル大広告




レクタングル大広告




広告
レクタングル大広告