もうフレッツもWiMAXも必要ない。simフリースマホのテザリングでウチの通信は全部足りるぞ。月々3,000円未満。

突然ですが、私の月々の通信費

DMMmobile 通話対応sim 高速通信10GB:2,890円

のみ。
です。

フレッツ光やWiMAXなどの、
「パソコンでネット通信するための通信契約」
は、利用していません。

スマホのテザリングだけです。

テザリングをメインに利用できるもの?

よく言われるのが
「家では固定回線やポケットWiFiを使って、テザリングは外出中など、
サブで使うもの」
という説ですが、ちょっと根拠が分かりません。

現状、テザリングだけでストレスのない速度・安定性で通信できています。

どの端末でも大丈夫?

私が使っているのは
FREETELのPriori3というスマホ。
俗に言う格安スマホです。

コイツで問題なく利用できているのですから、
テザリング機能を持った端末ならどれでもイケルでしょう。

iphoneだと5以降はテザリング対応しているみたいですね。

固定回線を使わないメリット

工事・手続きが不要

固定回線は引っ越したりするたびに工事や手続きが必要ですからね。
ポケットWiFiやスマホなら、端末を引っ越し先に持って来ればいいだけですから。

また引っ越さないまでも、外出先で使えないのも固定回線のデメリットですね。

料金が安い

今調べてみたら、フレッツ光は月額3,750円〜でした。
もちろん固定回線は通信容量制限なしで速度も速いですが。

これにプラスして携帯電話を持つ費用も必要になりますからね。

高速通信20GBくらいまでの利用であれば、
格安スマホ1本化のほうがコスト的にはメリットありです。

ポケットWiFiではなく、
スマホのテザリングに1本化するメリット

やはり、料金が安い

BroadWiMAXの、高速通信7GBのプランで月額2,726円。
さらに通話できるスマホを持つとなったらプラス1,000円くらいはかかりますから、
月額3,700円程度。

1本化すれば10GBで2,890円。

持ち物が減る

1本化したいちばんの理由は、実はこれです。

モノは少ないほうが、スッキリしていいじゃないですか。

「ポケットWiFi端末なんて、そんなにかさばる物じゃない」
と思われるかもしれませんが、重要なのは大きさじゃなくて数なんです。

この手の端末ってテレビのリモコンと同じで
どこに行ったか分からなくなるじゃないですか。

かと言ってリモコンとかと一緒に一箇所にまとめると、ゴチャつく。

だから数が少ないほうがいいのです。

スマホ1本化しないほうが良い場合

ズバリ、通信容量が多い人です。

私が使っているDMMmobileの場合、高速通信容量が
10GB:2,890円
15GB:3,980円
20GB:4,680円
と、上昇してしまいます。

低速通信の速度も使えないって程ではありませんが、
やはりストレスはゼロではないです。

動画をよく見るとか、家族が多いとかで
月に20GB以上使うような人は、
WiMAXの無制限プランのほうがいいと思います。

逆にスマホとパソコン合わせて10GBも使わないような人は、
もっともっと安い料金で済みますよ。

まとめ

ということでした。

スマホのテザリング1本で生活しているケースって
ネット上で探してもなかなか情報が見つからないので、
私自身不安を持ちながら1本化に踏み切ったのですが、

何も問題ありませんでした。

関連記事ユニット



広告