【自動車部品メーカーの日常】営業のお仕事①外回りナシ・競合ナシ

こんにちは。
自動車部品メーカーを辞めて、今は飲食店で働いている者です。

部品メーカーの仕事の実態って、外部の方はなかなか知る機会がないと思います。そういう意味では私の経験は、なかなか貴重な情報です。せっかくブログをやっているので、ここでその一部を公開してみます。

自動車部品メーカーへの、就職・転職を考えている方の、参考になれば幸いです。

イメージと、全然違った

私は新卒で入社後、研修を終えて、営業に配属されました。

営業というと、電話をかけまくったり、飛び込みで客先を回って名刺を配り歩いたり、「いい製品なんです! 買ってください!」と力説するような仕事だと思ってました。

お客様には平身低頭、酒・ゴルフ・風俗といった接待なんでもござれの、体育会系の世界だと思ってました。

文科系で、押しが弱くて、根性がなくて、意識の低い私が無事にやっていけるかと不安でした。

しかし、部品メーカーの営業は、少なくとも私がいた会社の営業は、そういったイメージとはまったく違いました。

担当する客先は、1社だけ

そもそも、営業をかける相手が、たったの1社でした。

これは会社によっても違うんでしょうが、弊社の場合、担当する客先ごとに部署が分かれていました。

つまり
トヨタ相手の営業は、営業一部
日産相手の営業は、営業二部
ホンダ相手の営業は、営業三部
といった具合です。

もちろん私の担当も1社だけ。

だから「外回り」というのも、やった事ないです。部品メーカーはお客さんの近くに拠点を作るもの。車で10分くらいのお客さんのところにばっかり、通ってました。

まあ考えてみれば、日本の自動車メーカー全て合わせても10社程度ですからね。しかもその全てと取引があるわけじゃないし。一人の営業マンが、そんなに何社も相手にしないのも当然っちゃ当然です。

そもそも競合がほぼ無い

その部品、納入してるのはウチだけ

また、競合の部品メーカーとの価格競争というのも、ほぼ経験した事がありません。

私が担当していたお客さん、ウチからしかその部品を買っていなかったんです。

でも、これは別に珍しいことじゃありません。

サプライチェーンがもう固定化してる

自動車業界というのも歴史の長い業界ですから、紆余曲折のなかで、どの完成車メーカーがどの部品メーカーから買ってるか、という関係はだんだん固まっていきます。

部品Xについて、トヨタはA社からしか買ってない、日産はB社からしか買ってない、というようなケースは、けっこうザラなわけですね。

新規参入はなかなか難しい

さらに、同じ部品Xといっても、トヨタのものと日産のものでは当然、仕様が違います。

だから仮にA社が、日産にも製品を売りたいと思ったとしても、
現行のものをそのまま使うことはできない。

日産の車にも取り付けられるように仕様変更するには、工場のラインの改造など、大規模な投資が必要。

そんなに金を掛けたら、B社との価格競争に勝てるわけがない。

というような形で、一度固まってしまったサプライチェーンは、なかなか崩す事ができません。

とっくに減価償却の終わった古い設備で、古い付き合いのメーカーに製品を売っている自動車業界。
大規模な投資をして新規参入しても、昔からのプレイヤーに勝つのは困難というわけです。

体育会系・文科系は半々

そんなワケで、意外とゴリゴリでもなかった営業の仕事。

じゃあそんな部品メーカーの営業マンはどんな人たちかというと、体育会系と、そうでない人は半々、といった印象でしたね。

お客さんに気に入られるのは体育会系

そうは言っても、お客さんから好かれるのはやはり体育会系の人の方でしたね。

やっぱり見てると彼らは「相手を立てる」のが上手いです。

普段ハイ、ハイと言うことを聞いて気に入られておいて、いざこっちの要求を通そうという時には「ちょっと今厳しいんで、助けてくださいよ〜」と、相手に頼る形をする。

そのへんコミュ力のない私なんかは、「これはできます」「これはできません」なんて馬鹿正直に言って、逃げ場がなくなったりしましたね。

お客さんの相手だけが営業ではなかった

で、意外とお客さん対応だけじゃないんですね。営業って。

客先から命じられた事を社内に展開する段取りとか、売上実績の集計や売上計画の作成・見積もりの作成といったデスクワークもけっこうボリュームがありました。

私はチマチマとExcelをいじったりするのが得意だったんで、売上計画や見積もりといったデスクワークは他の人の分まで手伝って、かわりに社内調整を手伝ってもらうような事がよくありました。

まとめ

部品メーカーの営業は、想像していたよりは緩かった。

体育会系じゃなくても、コミュ障でも、「自分にできること」を見つけられれば、営業マンとして輝ける。

でも、営業以外ならもっと輝けるかもしれない・・・

今日も記事を読んで頂き、ありがとうございました!

当サイトでは、ブログに投げ銭し合えるサービス「nemlog」を利用しています

もし記事が役に立ちましたら、遠慮なく投げてやって下さい(❀╹◡╹)

公式サイト→https://nemlog.nem.social/
参考記事→投げ銭型ブログサービス「nemlog」について

関連記事ユニット



広告