私がほうきを使う理由

床の掃除、何使ってますか?
私はダンゼン、ほうき派です。

ほうきの良いところ

メンテナンスが必要ない

掃除機のゴミ袋を交換したり、ワイパーシートを交換したり、
そんな手間は必要ありません。
使いたくなったらひょいと持ち上げて、
使い終わったら置いておくだけ。
楽チンです。

もちろん故障なんかもありません。

いや、変に安いやつだと壊れたりするかもしれないけど、
100均とかで買わなけりゃ大丈夫だと思います。

すぐに使える

掃除機だったら保管場所からヨイショと引っ張り出してきて、
コードをつないで(あるいはあらかじめ充電しておいて)
使い終わったら元の場所に戻す、という手間がありますが

ほうきなら軽いからひょいと持ち上げて、使ったら置けばよし。
速いです。
うちの場合、見た目も結構気に入っているのでリビングに出しっぱなしです。
いっそう手間いらずですな。

畳・フローリングで同じように使える

うちは和室の襖を外してリビングとつなげちゃっています。
ほうきならいっぺんに掃いてしまえるので楽ですよ。

高いところもササッと払える

テレビの上や、本棚など。
気合い入れて掃除をするときにはもちろん雑巾やハタキを使えばいいんですが、
毎日の小掃除ならほうき一本で済ませちゃうのが早いです。
掃除機やモップじゃあこうはいきません。

コストが安い

うちのほうきはおしゃれぶって雑貨屋で買ったレデッカー社のものなんで
高めですが、それでも3,000円くらいです。
こだわらない人なら、スーパーあたりでもっと安く入手できるでしょう。
そしてランニングコストはもちろんゼロです。

ほうきのイマイチなところ

乾燥したホコリは、意外と集まらない

特に冬場など、掃いたそばからふわふわ飛んで行ってしまいます。
軽く床全体に霧吹きをするなど、工夫が必要です。

何にせよ、若干の取りこぼしは出てしまうので、
あまり完璧を目指さないかわりに、
こまめに掃除する、ってのがいいと思います。

関連記事ユニット



広告